ロバート キーガン 研修免疫マップ

成人発達理論の世界的権威である、ハーバード大学教授のロバート・キーガン博士が開発した自己変革モデル「Immunity to Change®︎(ITC)」(変化を阻む免疫機能)を博士より直接学び、「免疫マップ」を手法に取り入れている。

なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践ロバート・キーガン, リサ・ラスコウ・レイヒー 「免疫マップ」という言葉を耳にしたことはあるでしょうか?事業承継においては、

ロバート・ギーガン博士の著書である『なぜ人と組織は変われないのか(Immunity to Change)』を課題本に自己変革へのアプローチを変える免疫マップを体験できる読書会です。

ロバート・キーガン氏は、30年以上にわたり人が成人以降にどのように学習を深め、知的に成長するかを研究し、発達心理学と教育学の知見に基づいた変革プログラム「免疫マップ」を開発しました。

キーガン氏はさらに、変わることを妨げる最大の障壁とは“変革をはばむ免疫機能”であること、 そして“免疫マップ”を作成することで問題があぶり出され、長期的な変革を実現するのが可能になることを明らかにされています。

著者のロバート・キーガン博士が 開発した“Immunity to Change”、 心の免疫システムを知る為の<免疫マップ>の ワークショップ付きです。 ロバード・ギーガンより 免疫マップのファシリテーションを直々に学んできましたので、

なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか――すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる(ロバート・キーガン、リサ・サラスコウ・レイヒー) 本書の内容 「人の成長」にフォーカスした企業

ハーバード大学教育学大学院教授のロバート・キーガン(Robert Kegan)は、このような「組織・チームが変わりたいのに、変われない」という問題について、その真因を炙りだす為の、「免疫マップ」というフレームワークを提示しています。

免疫マップでは、自分の成長を阻害している「強力な固定観念」を言葉にすることにより、客観的な視点を得ることができます。 ただ、それを言葉にするまでが、なかなか大変ではあります。

直訳すれば、10歳の頃に「この子は天才!」ともてはやされ、15歳になっては「才能あふれる逸材」と言われてきたような子供でも、成長するにつれてごく平凡な人間になってしまうことはよくありますよ──ということですね。

30年以上にわたり「大人の発達」を研究し続ける、ロバート・キーガン氏(ハーバード大学教育大学院教授)の来日を記念して、古河電気工業代表取締役社長の小林敬一氏、サイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏、エゴンゼンダー社パートナーの丸山泰史氏をお迎えして「これからの組織のあり

今回は、ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー共著の「なぜ人と組織は変われないのか」(Immunity to change)を読んでの雑感です。photo by Yersinia changeこの本は2013年初版で、今更ながらではありますが、上司に薦められて購入しました。 免疫マップ

Jul 22, 2019 · 今回紹介するのは、ハーバード大学のロバート・キーガン教授の「免疫マップ」というもので 僕らの思考や感覚を客観視できるようするために

1巻配信中!試し読み無料!変わる必要性を認識していても 85%の人が行動すら起こさない-? 「免疫マップ」が本当の問題をあぶり出す! 発達心理学と教育学の権威が編み出した、究極の変革アプローチ。 『なぜ会社は変われないのか』『どうやって社員が会社を変えたのか』著者 柴田昌治氏

フューチャーマッピング(全脳思考)特集をご紹介します。神田昌典公式サイト。経営コンサルタント、作家として活動する神田昌典の最新ニュースをはじめ、あなたの才能が活性化する知的コンテンツを

第107週 2019/8/25 『なぜ人と組織は変われないのか』 ロバート・キーガン リサ・ラスコウ・レイヒー著 池村千秋訳 英知出版 成人発達理論のキーガン教授の約400pに渡る著書。キーガン教授の成人発達理論は私達の人材開発法の土台となるものであり、より深い知見を得るべく手に取りました。

こうした強固な思い込みを探っていくツールに、「免疫マップ」があります。これは、発達心理学者であり、ハーバード大学教育大学院教授でもあるロバート・キーガン氏が開発したもの。

中部人材育成担当者の会(育成会)では、東海・北陸エリアで人材育成を担当されている方々が集まり、読書会を中心に、育成事例の共有や意見交換、ワークショップ体験や会社見学、講演等を行っています。 参加企業様の活動事例の共有や議論を通し、人材・組織のあり方を問い直す場とし

【ハーバード大学 教育大学院 R.キーガン教授の30年にわたる研究の成果】 個人や組織の変化を短時間で作り出す 『変わって欲しいのに、変わってくれない』 『変わりたいのに、変われない』 「変化の壁」を克服できる変革メソッド 【こころの免疫システム】 チェンジ・ファシリテーター

【2734】 ロバート・キーガン/リサ・ラスコウ・レイヒー (池村千秋:訳) 『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか―すべての人が自己変革に取り組む「発達指向型組織」をつくる』 (2017/08 英治出

「自分を変える」というのは永遠のテーマだ。ところが、とある研究では、変わる必要性を認識していても、現実には85%の人が行動すら起こさ

【無料試し読みあり】「なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践」(ロバート・キーガン リサ・ラスコウ・レイヒー 池村千秋)のユーザーレビュー・感想ページです。ネタバレを含みますのでご注意ください。

書籍ネタ:”なぜ人と組織は変われないのか”(ロバート・キーガン (著), リサ・ラスコウ・レイヒー (著), 池村千秋 (翻訳))にワークショップ実施の記載が有ったので、「よし、11月の全社定例会で、思い切ってやってみるか!」という事でやってみました!

勉強会主催の南です。今回の勉強会には、初めての方4名を含む、7名の方にご参加いただきました!平日の勉強会でしたが、初めての方にも多くご参加いただき、嬉しく思います。今回のテーマの「免疫マップ」に関心を持って来られた方が多かったです。免疫マッ

個人や組織が変革を望むにも関わらず、実際には実行できない要因を「変革を阻む免疫機能」というメカニズムを定義して考察し、現状を改善するための具体的な方法と手順を示した本です。 なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践 作者: ロバート・キーガン

bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 必要だとわかっていても85%の人が行動すら起こさない―?「免疫マップ」が本当の問題をあぶり出す!発達心理学と教育学の権威が編み出した、究極の変革アプローチ。 Tポイントが使える、貯まる。

YanaseHiroyukiの教える自己啓発教室の情報や口コミ、開催スケジュールを掲載。日本最大級のまなびのマーケット「ストアカ」なら、ビジネススキルから趣味の習い事まで、あらゆるスキルが個人が主催する10000件以上の教室・講座・ワークショップで気軽に学べる。

人間は、年齢にかかわらず幾つになっても成長できると断言されています。 しかし、成長するためには「知性」を向上させる必要があることを何度も訴えているところが非常に印象的な内容でした。 そして、最後に人や組織が変わる「変革」に関して、それを成功に導くのは知性を向上させた

なぜ人と組織は変われないのか ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 英治出版株式ロバート・キーガン氏は現在、あなたの組織で採用されている学習形態の背後には、どのような暗黙の発想があるのか?

【見たいと思う以上のことを見るためにはどうすれば良い?】これは我々の大切な命題です:「なぜ人と組織は変われないのか(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー共著)」を基に、免疫マップを描く手順を解説してみました(スライド4〜7 )

いくつかの見方があると思いますが、例えばworkmill創刊号で取材した発達心理学者のロバート・キーガン教授は、著書「なぜ人と組織は変われ

2011年頃に この1冊の洋書を手にし 読みたいんだけど 英語が苦手という壁が 乗り越えられず、読めなかった私。 2016年に 著者であるロバードキーガン博士が 来日し、この著書に紹介されている 免疫マップ(immunity to change) のインストラクター養成講座が 開催されることになり 読めなかっ

なぜ人と組織は変われないのか ハーバード流自己変革の理論と実践 – ロバート・キーガン/著 リサ・ラスコウ・レイヒー/著 池村千秋/訳 – 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。 「免疫マップ」が本当の問題をあぶり出す!

なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践。無料本・試し読みあり!変わる必要性を認識していても85%の人が行動すら起こさない-?「免疫マップ」が本当の問題をあぶり出す!発達心理学と教育学の権威が編み出した、究極の変革アプローチ。『なぜ会社は

7月23日 静岡開催『なぜ人と組織は変われないのか』 Immunity To Change (ITC) (静岡県)。『なぜ人と組織は変われないのか』 Immunity to Change (ITC) 読書会 & 免疫マップ作成ワークショップ テストドライブにつきキャンペーン あなたは今、このようなことを感じていませんか?

なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践(ロバート・キーガン、リサ・サラスコウ・レイヒー) それをあぶりだす過程を、免疫マップと名付けられたシートに書き出すことで、心の動きを見える化していく手法を紹介して

「リーダーシップとは何か?」(ロナルド・a・ハイフェッツ 著)を買ってきました まだ、読み始めたところなのですが、いま、つかんでいる感じでお話しすると、この本の中では、リーダーとリーダーシップ、そして、オーソリティーというものをまず議論し、定義しています そして、これ

変わる必要性を認識していても 85%の人が行動すら起こさない-? 「免疫マップ」が本当の問題をあぶり出す! 発達心理学と教育学の権威が編み出した、究極の変革アプローチ。 『なぜ会社は変われないのか』『どうやって社員が会社を変えたのか』著者 柴田昌治氏(スコラ・コンサルト

なぜ人と組織は変われないのか ー ハーバード流 自己変革の理論と実践 – ロバート・キーガン – 楽天Koboなら漫画、小説、ビジネス書、ラノベなど電子書籍がスマホ、タブレット、パソコン用無料アプリで今すぐ読める。

価格: ¥2750

人や組織が変われないのは「変革をはばむ免疫機能」に原因があった。 Amazonレビュー4.4の高評価!組織変革の教科書の決定版『なぜ人と組織は変われないのか』が遂に登場! ハーバード大の研究成果をもとに、あなたとチームの能力を最大限に引き出すための方法をご紹介します。 変革を

ロバート・キーガン ハーバード大学 教育学大学院 教授 変化に対する免疫反応をえぐり出せ 多くの経営者やコンサルタント、若手リーダー層から支持され、また企業の管理職研修や企業内大学、ビジネススクールの教材としても利用されている。

なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践の詳細。変わる必要性を認識していても85%の人が行動すら起こさない-?「免疫マップ」が本当の問題をあぶり出す!発達心理学と教育学の権威が編み出した、究極の変革アプローチ。

なぜ人と組織は変われないのか―ハーバード流自己変革の理論と実践 [単行本]の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ.com」で!レビュー、Q&A、画像も盛り沢山。ご購入でゴールドポイント取得!今なら日本全国へ全品配達料金無料、即日・翌日お届け実施中。

2017年8月17日An Everyone Culture (邦題 なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか)読了。ある人から英語版の内容の概略を聞いていたのだが、読んでみると印象はかなり違った。DDOを作るためには、リーダーが心から決意して、まず自らが範を示し、メンバー全員が自分が成長できる点を見つけ、免疫

『なぜ人と組織は変われないのか』(ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー、英治出版、原題:Immunity to Change)。 どんなことがあろうとも、人の性格や行動は変わらないよなあ、とみな心の奥底で思っているわけだから、なかなか研究成果は

【最新刊】なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践。無料本・試し読みあり!変わる必要性を認識していても85%の人が行動すら起こさない-?「免疫マップ」が本当の問題

[本・情報誌]『なぜ人と組織は変われないのか』ロバート・キーガンのレンタル・通販・在庫検索。最新刊やあらすじ(ネタバレ含)評価・感想。おすすめ・ランキング情報も充実。tsutayaのサイトで、レンタルも購入もできます。出版社:英治出版